« 定点観測 | Main | 洪水 »

April 29, 2009

聖地チベット展

4月25日 聖地チベット展を 九州国立博物館に見に行った。
http://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s15.html
まぶしいばかりの 金色の世界に驚きました。
そのなかでも、私の一番のびっくりは カーラチャクラ父母仏立像 でした。Photo
父母が合体した姿で 立っている様の 像です。2

方便(慈悲)の象徴である男尊(父)と 空の智慧(般若)の象徴である 女尊(母)が抱き合う、この種の父母仏は、2人の合一によって到達できる悟りの世界を象徴している との事です。
父母 それぞれ4面ずつの顔を持っており しばらく観ていても飽きる事はありませんでした。Photo_2

現地 チベットでは 錦の衣をまとって 展示されているそうです。
さもありなんと 感じました。

他には、カタログ番号 006 弥勒菩薩立像です。006

なんとも穏やかな目、たおやかな体つき。今にも踊りだしそうです。
これも、通常は 錦の衣をまとった姿で展示されているそうです。

そして、 カタログ番号039 十一面千手千眼(じゅういちめんせんじゅせんがん)観音菩薩立像。Photo_3

金色の輝き、精巧な造りにもびっくりします。
このような像を造る時の図面も展示されていました。このような図面が無いと まず 完成できないと思いました。

大日如来 阿弥陀如来 他 金剛界五物坐像もありました。2_2

「チベットの死者の書」のなかにも でてくる名前を 像としてみれたのも 嬉しかったです。

展示場の最初に おみくじみたいにしてひいた 符にあったのは ダーキニー でした。Photo_5

私の守り神との事ですので 大事にして行きます。
この ダーキニーも 立像として ありました。(カタログ番号060)
はちきれそうな 大きな乳房 ぐっと しぼられた 腰 しなやな 体。
なまなましい しなやかな姿態です。
「智慧を授けてもらいたい人の守り神」とのことです。

ほかにも、紹介したい事はたくさんあるのですが 展示については 以上で止めておきます。

今回、初めて 図録を購入しました。
こんなに分厚く カラー写真満載で この価格。破格の値段です。
チベット展の記念として 長く保管します。また 人にも紹介しようと思っています。

さて、会場から出たところに 展示関連の売店があります。
そこに みょうに気になる一品を見つけてしまいました。
シンギングボールと言うそうです。
仏壇の前に ふつうにある カネと思って 叩いていたんですが 叩くのではないと教えて頂き そのようにしたところ なんとも言えない 共鳴音が響き始めました。
展示から帰宅しても 気になっています。

パスポート会員になって一年が過ぎました。
計5回の 特別展を見学しました。
若中展 篤姫展など いつも 興味深く見学させて頂いています。
福岡のこの地 太宰府に 九州国立博物館ができて たいへん 嬉しく思っています。 
これからも 面白い企画を数多く開催して頂き 楽しませて下さい。

また、時間が許す限りですが、なにか お手伝いできる事がありましたら ぜひ お申し付け下さい。
なんでも やりたいと思っています。
Photo_4

|

« 定点観測 | Main | 洪水 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30160/44816432

Listed below are links to weblogs that reference 聖地チベット展:

» 第10回「BLOGREPO ぶろぐるぽ」エントリー募集中! [九博界隈]
4月11日(土)から好評開催中の特別展「聖地チベット-ポタラ宮と天空の至宝-」では、「ぶろぐるぽ」のエントリーを募集中です。 「ぶろぐるぽ」とは、あなたのブログで、特別展「聖地チベット-ポタラ宮と天空の至宝-」をレポートして頂く企画で、書かれたブログ記事を九博Webサイトにリンクさせて頂きます。 さらにブログ記事を書いて頂いた方へは、素敵なプレゼントもご用意しています。 (今回は、記念すべき第10回で、特別なプレゼンともある??) 特別展「聖地チベット-ポタラ宮と天空の至... [Read More]

Tracked on April 30, 2009 at 10:42 PM

« 定点観測 | Main | 洪水 »